無排卵性月経の原因サイト

排卵とは

排卵とは、成熟した卵胞が裂けて卵子を放出する月経周期の過程であり、生殖に関与しています。

排卵が起きる期間を排卵期といい、28日間の理想月経周期では14日目に起きます。

通常の排卵は8〜20日目以降に起こります。

最近では、排卵チェッカーとういものが薬局で売っています。

簡単に手に入り、排卵日を確認出来ます。

あと、排卵が起こっているかいないかの目安として使用されるものに「基礎体温表」があります。

基礎体温が低温期から高温期に移行するあたりで排卵が起こります。

排卵日を境にして、2〜3日前後が最も妊娠しやすい時期と言われています。

一般的に卵子は排卵後24時間程度、精子は2〜3日の受精能力があります。

高温期と低温期がはっきりしないでダラダラと続いている、ずっと低温期のままで体温が上がらない、という場合は、「無排卵性月経」の可能性があります。

「無排卵性月経」かなと思ったら、早めに婦人科の診察をお勧めします。

無排卵性月経の原因

生理があるから排卵していると思っていませんか?

生理があっても排卵していない場合があるんですよ。

無排卵性月経で、不順でありながらも、月経が来ている人は、比較的治療がしやすいそうです。

初潮があって、しばらくの間の月経は無排卵性月経なのが普通です。

大人になってからも無排卵性月経はおきることもあります。原因は人それぞれです。詳しい原因は、産婦人科で。

考えられる原因は?

■ストレス、精神的な悩みから来る心因性

■ホルモン系の病気によるもの

が考えられます。

女性の体は繊細です。

ストレスをなるべくためないようにして下さいね。

私はストレスの塊ですが・・・

ストレスで体がボロボロになったら、もったいないです。

無排卵性月経と不妊の関係

なかなか妊娠しないのは、もしかしたら病気なの?婦人科に行くのはイヤだな〜てみなさん思われることでしょう。

妊娠できない理由は、ホルモンのバランスが悪くなかなか排卵しない、脳下垂体系の機能不全、多嚢胞(たのうほう)性卵巣等、病気である場合もあります。

しかし、排卵はちゃんとしているのに、タイミングを逃してしまっているために妊娠できないという場合もありますが、無排卵性月経の場合は妊娠が難しくなってしまいます。

無排卵性月経て、自覚症状がないですよね。

日常生活では、わからないことがほとんどだと思います。

症状がないので、そのままていうこともありうるかと思います。

妊娠を希望されていて、無排卵性月経の疑いがある場合は早めに産婦人科を受診されてはどうでしょうか。

後悔が残りませんように・・・

かわいい赤ちゃんを抱けるためには、産婦人科に勇気をだして行ってみて下さいね。